スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レーザーを超えるもの。

数日前にマウスを新しく新調しました。
マイクロソフト社製 ワイヤレス モバイル マウス 6000 っていうのです。

今まで無線で光学式モデルのマウスを使ってたのですが、
通信方式が 27Mhz だったらしくて(ギガじゃなくてメガだったという)
ちょっとでも障害物あるとマウスカーソル飛んじゃったりしてました。
それに加えて電池持ちが非常に悪くて2週間に1度くらいの頻度で
電池交換(充電池使ってたんだけど)しなくてはならなくて なんかビミョーだったのです。

今回買い換えるにあたって考えてた条件は、

・4方向のホイール機能がついている
・多機能ボタンの付いている
 (左クリック・右クリック・中ボタン以外についてるスイッチ物)
・ワイヤレス方式で 2.4Ghz のもの
・スキャン方式がブルートラック(Blue Track)方式のもの
・サイズが大きすぎないもの
・出来るだけかわいいデザイン(←ここ重要

という感じで探してました。


<補足>

スキャン方式とバッテリー寿命
光学 > レーザー > ブルートラック の順に精度が上がるんですが
精度が良くなる分 無線方式だと電池の消耗が激しくなるのでどちらを選ぶかになるんです。
「ロジクール社製」の光学式ものだと2年間電池交換しなくてもいいというモデルもあるし
無線式マウス1つとってみてもいろいろなものがあるんです。
あとは電池の種類は何を使っているか(単三か単四)電池が必要な本数とかでも
寿命は変わってくるのですが、
単三電池2本入れたマウスって結構重いんだよね ( ´△`)

無線の通信方式について
従来の赤外線方式(27Mhz・2.4Ghz)に加えて最近新しく登場した
Blue Tooth 方式っていうのもあったりします。
説明するのめんどくさいから省略するけど、
セキュリティ面とかの問題出てくるので初心者さんにはお勧めできないかもね。

4方向ホイール機能について
通常の前後にホイールを回して縦のスクロールバーを上下に操作できる機能に加えて
ホイールを左や右に倒すと横のスクロールバーを左右させることが出来ます。
ただしアプリケーションによっては対応していなかったり、
スクロールの速度が遅すぎて使い物にならなかったりするので
(使ってみてから分かりましたが)ほとんど必要ありません (ノω・、)
あれば便利かなーと思ってみたけど結局使えなかった罠。

多機能ボタン
これを使うと普通のマウスが使えなくなるってくらい便利。
レビューとか口コミを読んで「そんなわけ無いじゃん」って思ってたけど、
使ってみて分かったけど・・・
とっても便利ですよ。
主にキーボードよりもマウス操作がメインの人にお勧め。
ボタンが小さすぎたり押し難かったりすると微妙だけど、
親指で押せる位置にあるボタンは快適。
あんまりボタンがいっぱい付いているのはどうかとも思うけど、
普通のマウスなら6ボタン対応くらいだとかなり有意義かもしれない。
値段高くなるんだけどね。。。


話が長くなっちゃったけど、
私が買ったマウスは結局どうなのかっていうと
左クリック・右クリックの音がうるさくて
ホイールがノッチ式じゃないからスルスル動くし
親指で押せないほうの多機能ボタンが押し難い
という部分を除いたらとっても良いアイテムだと思います。

取り合えずデザインに一目惚れして即決しちゃったんだけど、
イケ面(?)だし値段も無難だし別にいっかなぁって感じですね。
総合的に見て個人的にお勧めは出来ないけれど、
左利きユーザーさんでも使えるのでなかなか良いですよ。


まさか今日はこれでおしまい?
「え?」「あ・・・」「はい。」
なんの捻りも無いけど終わりです。


- おしまい -

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

うぃんどている


© へびねこ 画伯


Name: windtail
Server: マリー
Channel: 7ch (とか主)
Since: 2006/06/14
Cumulation: 22世紀

どこかにいるようで
どこにもいない
っていうのを目指してます。
リンク
カテゴリー
最近のコメント
最近の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。